カテゴリ:ログハウス( 69 )

雨漏りの処置

どーも。

さあ、前回の続き。
土曜日に、T氏と塗装屋さんに処置を任せるか、それとも自分でコンシールやってみるか。

あっちゅう間に土曜日になっちまった。
午後に入って結構な雨。T氏から2時ぐらいに電話があり、雨の方向が南側からであることを確認して、予定通り夕方4時に塗装屋さんをともなって来てくれた。

で吸気口から見えるログのクラックを確認してもらったところで、

塗装屋さん「で、いつやる?」
T氏「今から」
塗装屋さん「え〜用意してねえぞ」

…。えっ?

あっ、ならば!

オレ「実はログ用のコーキング材買ってあるんですよ。もともとは外部のクラックを埋めるつもりで買ったんですけど。」

なんて言ってみたら
T氏&塗装屋さん「それでやってみましょうか!」

というわけで、コンシールでやってもらった。

TALO経由で買ったコンシール。
e0335517_14055461.jpg

before
e0335517_14055541.jpg

after
e0335517_14055581.jpg


ちょっとわかりにくいかな?
まあ、クラックを埋めて、さらに外部のウェザーカバーとログの間もシールしてある。

これで24時間待って元に戻す。

終了!

T氏「次の大雨で様子をみましょう。」

…。

ではでは。





[PR]
by ockhamlife | 2016-08-21 13:21 | ログハウス | Trackback | Comments(0)

あ・ま・も・り

どーも。

いつもなら九州から向かってくるはずが、なんと日本の太平洋側を北上するという暴挙にでた今回の台風7号。

そう、またもや心配のタネが頭をもたげる…。

あ・ま・も・り

今のオレにとっては、アメリカのfu_kに並ぶ、狂気の4-letter wordである。

朝、ソワソワしつつも、まあなんともできんので、とりあえず仕事に出る。

しかし、そのソワソワに勝てず、11:30に様子を見に帰宅…。

オーマイガー!雨水がログ壁を流れている!とりあえずバスタオルで応急処置するも、こんなん子供だましに過ぎん。

さあ、もうわが家には不要と思っていたアレを買ってこねばなるまい。

そう、アレだ。
e0335517_16473854.jpg

こんな修羅場に最高の笑顔をありがとう、ミッキー。

とりあえず、壁にベタベタ貼ってやるぜ。
e0335517_16473939.jpg


メインの箇所はやはり吸気口から。その右にも雨水がチョロチョロ。これは節のど真ん中の小さい穴から。
e0335517_23142977.jpg


さて、吸気口だが、内側のフィルター付きのフタを外すと、
e0335517_23142912.jpg

中に硬めの筒が入っている。
e0335517_23143080.jpg

この筒とログ壁の穴の間から水が流れ落ちるので、原因解明のために、この筒を取ってやる。
e0335517_23143114.jpg

そして中を覗く。
e0335517_23143114.jpg

おや?
e0335517_23143266.jpg

おやおや?
e0335517_23143391.jpg

もしや!
e0335517_23143325.jpg

ジャーン!なるほど!
ログのクラックの途中に吸気口がある。つまり、クラックから入った雨水がこの吸気口に流れてくるわけだ。しかも左右から。

S住研のT氏に電話して状況を説明。とりあえずは現状のオムツで乗り切って、
e0335517_23143476.jpg

雨上がり、乾いたらコーキングしましょうということに。変成シリコンシーラントを使うらしい。

オレの調べた限りでは、ログ用のシーラント(いわゆるコーキング材、ログのクラックを埋める)やチンキング材(ログとログの間の隙間を埋める)なんかも売られている。なぜにこういったログハウス専用のコーキング材を使わないのか?オレの高校時代の友達で建築関係やってるヤツに訊いてみたら、やはり変成シリコンシーラントを使うとか。

実はそろそろ外壁を塗装せねばと思い、塗装前にクラックを埋めるのを目的に、サシュコ社の「コンシール」というコーキング材を発注済み。

発注先は、TALO(笑)。

コンシールは明日木曜日に届くが、土曜日にはT氏と塗装屋さんが来る。さあ、どーする?この吸気口をまたぐクラック、自分でコンシールやってみる?

迷うね。乞うご期待。

あ、そういえば、今回の台風による暴風雨で、長男の通う小学校の校庭がエライことに。
e0335517_23295614.jpg

これ、もう、池やがな。

ではでは。
[PR]
by ockhamlife | 2016-08-17 15:23 | ログハウス | Trackback | Comments(0)

デッキ塗装2

どーも。

いやーいかん。全然更新してない。これではブログをやる意味がない。手軽なInstagramに逃げててはいかん。もう少し頑張ろう。

さて、前回に引き続き、日を改めて西側折れ屋根の下のデッキの塗装。

6/19、まずは水洗いして、デッキブラシで少しこすり、さらに水をかけて、新兵器の水切りを使って乾燥を早める。

前回同様、ベンダーで隙間を塗る。今回は長男が手伝ってくれる。
e0335517_12511214.jpg

でも途中リタイヤ。まあ、少しでも手伝ってくれただけ良かった。これが一番面倒やからね。

で、上は塗り終わり。
e0335517_12511202.jpg

次は階段でも…と思ったが中止。
e0335517_12511397.jpg

なぜなら霧雨が降り始めたから!
ナンテコッタイ。

しかも翌朝見たら、雨はデッキの外側半分に降り込んだうえ、水はじきがイマイチ。

なので、階段も含めて翌週6/26に二度塗り。
e0335517_12511394.jpg

で、アホなことにデッキの外側から塗り始めたので、ドアの手前、デッキ内側三枚の板を塗れなかった。

まあいいか。これでいい感じかな?
存分にはじいてもらいましょう。

ではでは。
[PR]
by ockhamlife | 2016-07-03 12:40 | ログハウス | Trackback | Comments(0)

デッキ塗装1

どーも。

またもや1ヶ月ほどぶりの更新。
いや、なんだか最近はInstagramとかPinterestとかも面白かったりして、さらに昨日ぐらいには初めてRoomClipに写真をあげてみたりして。Facebookも含めて、このブログとの棲み分けみたいなのを模索中。

今のところ、
Instagramは英語も含めたミニブログ。
PinterestとRoomClipはどちらかというと情報収集がメインだな。
Facebookは友人とのコミュニケーションメインで、ログハウスネタだけじゃなくてファミリーの話もあり。
ブログは、匿名でログハウスネタが大半。
っちゅう感じか。

さて。

住み始めて3年半、初めてのデッキ塗装である。

残っているBESS純正ノンロットカントリーウォルナットを使う。

まずはベンダーで板の間を塗っていく。
e0335517_13434007.jpg

e0335517_13434162.jpg


次はコテバケで表を塗っていく。
e0335517_13434193.jpg


コテバケはラクで早い。
e0335517_13434285.jpg

e0335517_13434213.jpg


今日のところは南側のデッキの塗装で様子を見て、次回はもう少し広い西側の折れ屋根の下のデッキを塗ろうと思う。
e0335517_13434307.jpg


ただし、気になるのは、ベンダーが入らない薄い隙間。
e0335517_13434346.jpg

あとは塗り残し。ネジのところとか欠けてるところ。
e0335517_13434375.jpg

あとはこの3年半にわたってほったらかしにされてできたヒビ割れ。
e0335517_13434479.jpg


だいたいやり方が分かったので、次回はもう少しうまくできるかな?

ではでは。

追記:その後、ムラや塗り残しが気になって、本来は不要ながら、ノンロット二度塗り。さらにデッキの二つの階段のうち北側にある階段も塗装。
e0335517_07375920.jpg


翌朝小雨が降ったので、念のためデッキと北側階段の様子を見てみたが、ちゃんと水を弾いていた。若々しいってイイね。
e0335517_07370931.jpg

e0335517_07370958.jpg



[PR]
by ockhamlife | 2016-06-12 11:08 | ログハウス | Trackback | Comments(0)

ログハウスに正しく「ラフに暮らす」ために

どーも。

いやー、重かった。あまりに重いから二階へ抱えて運ぶのがキツかった。いざ一緒にブラブラしようとすると、重い上にうるさい。もう少し軽くて静かなかわいいあいつがいいよなー。

ということで、さらば
e0335517_12211937.jpg

ダイソン!

そしてようこそ
e0335517_12211935.jpg

マキタ!

ダイソンは確かに吸引力は物凄いのだが、これを使って掃除をするには、思い切りが必要。
その点、マキタは掃除へのハードルを見事に下げてくれる。ヒョイと持ってヒョイと吸う。

いいね、マキタ。ラフに暮らしてもいいが、埃がいっぱいはダメよーダメダメ。

ではでは。
[PR]
by ockhamlife | 2016-02-06 11:17 | ログハウス | Trackback | Comments(0)

節分の後、垂れ終わった

どーも。

節分に撒くのは大豆だと思い込んでたら、今住んでる地域は落花生だった。東北はどこもそうなのか?
e0335517_07551391.jpg


ヨメが職場で聞いて回ったところ、どうやら宮城県以北は落花生、茨城県以南は大豆だということが分かった。じゃあ福島県は?ということで現在鋭意調査中。

ところで。

カーポートから垂れていたカチカチの雪がとうとう落下した。
e0335517_08212899.jpg

e0335517_08212872.jpg

e0335517_08212978.jpg

ガチガチやわ。

物置に出入りするタイミングで落ちてきたら、多分あの世行きやな。

ここはカーポートのせいで日陰になるので、この落下したガチガチ雪はしばらく融けへんよ。どーする?

…どーもせん。放置!

ではでは。
[PR]
by ockhamlife | 2016-02-06 07:44 | ログハウス | Trackback | Comments(0)

垂れる

どーも。

カントリーログの屋根には雪は積もらない。もちろん薄くは積もるがそこまで。
e0335517_17444636.jpg

勾配がキツイからかな?

で、カーポートに目を移すと…
e0335517_17444724.jpg

e0335517_17444751.jpg

1/29の状態。
積雪後に気温が上がると、カーポート屋根に積もった雪が後ろへスライドする。

で、さらに。
e0335517_17444827.jpg

e0335517_17444898.jpg

2/4の状態。
垂れてるとこが長くなっている。

どこまで垂れるのか。

いやあ、楽しみです。

って言うか、危険かもしれんね。
垂れて丸くなった内側は、カチカチの氷。あんなんが上から落ちてきたら、やられるぜ、間違いなく。

ではでは。
[PR]
by ockhamlife | 2016-02-04 17:34 | ログハウス | Trackback | Comments(0)

わが愛しのカラマスIIIについて

どーも。

外気温が氷点下になると、さすがにログハウスとはいえ、寒いもんは寒いんじゃなかろうか。

しかし、皆さんのブログを拝見すると、薪ストーブ一台で家中がポッカポカ…。まじか?

ひょっとして寒いのはわが家だけ?

その要因を考えてみたところ、以下の5つが挙げられた。

(1) 共働きのため日中は薪ストーブがついていない
(2) 薪ストーブを吹き抜け直下に設置した
(3) 薪ストーブとしてネスターマーティンを選んだ
(4) 対面キッチンのため、カウンターを設置した
(5) 勝手口を設置した
(6) たぶん窓が多い

(1) これは要因として結構大きいような気がする。ヨメが専業主婦の頃は、家がもう少し暖かかった気がする。ん? ヨメが働くようになったにもかかわらず、オレの家事分担が変わらず、夫婦仲が冷え込んで...というのも可能性ありか。まあ、それにしても日中家の中に人がいると薪の消費がすごぉいの。

(2) 薪ストーブの暖気が全て2Fに行ってしまう。もちろん、階段上にはシーリングファンがあって、暖気を1Fに下ろすようにしているが、実際には下りてくるのは風という感覚の方が正しいような気がする。
e0335517_954124.jpg


(3) オレが選んだのはネスターマーティンS43 B-TOP。
e0335517_96887.jpg


ネスターマーティンは、和風にも洋風にも対応できる懐の深い外観に加え、炉内が高くガラス面も広いため炎が非常に美しく見える。手で組み立てるらしいが気密性はよく、ベルギー職人の腕にため息が出る。欠点としては、炉内は鋼板で囲まれ、その外側に鋳鉄の外装があるという二重構造であることが挙げられる。
e0335517_905253.jpg

ホームページより拝借)

鋼板と鋳鉄の間には空気層があって、要するにこれが断熱層になってしまうようだ。炉内が高温になって鋼板に伝わった熱は、外部の鋳鉄に伝わりにくい。と考えると、結果として、ストーブ本体が暖かくなるのに時間がかかり、すなわち輻射熱発生が遅れる。これは他のストーブと比べたことがないから分からないが、十分に可能性はある。こういうのが原因か、燃焼効率は90%近くて燃費もいいはずなんだが、体感としてはそれほどでもない。さらに、冷めやすい。いや、このストーブ、大好きやねんけどなー。確かに「WOODBOX多次燃焼方式」というテクノロジーは非常に魅力的なのだが、その代償かもしれない。

あ、もちろん、オレの焚き方に問題がある可能性もある。これについてはまたの機会に。いろいろと試して、シーズン3。だいぶ分かり始めたよ。長かった。

(4) キッチンカウンターは、薪ストーブの輻射熱を確実に遮る。キッチンには暖気は届かない。
e0335517_971011.jpg


(5) キッチン側階段直下に勝手口があるために、どうしても冷気の入り込みがあり、これまたキッチンが寒くなる。
e0335517_975937.jpg


(6) もちろん、もともとログハウスなんて気密性は期待できないが、薪ストーブが煙突方向へドラフトを発生するには好都合ではある。しかし、わが家はほぼ四方全てに窓を付けていて、そのうち二つは掃き出し窓。上とも関係してるが、窓は基本的に冷気が家の中に入り込む吸気口みたいなもんだ。つまりは必要以上に吸気口があると考えると、家は暖まりにくいかも。
あと、窓が多すぎて壁がないと、飾りつけの場所がない。これも結構痛い。

次、ログハウスを建てるチャンスがあるなら、改善策は…

(1) オレの稼ぎだけで家族を養えるようにする
(2) 薪ストーブを階段下か、中央の壁に何とかして設置する
(3) 薪ストーブとして蓄熱性のよい(と言われる)ハースストーンを選ぶ
(4) 対面キッチンではなく標準キッチンのままでいく
(5) 勝手口を設置しない
(6) 窓を減らす

(3)は少々納得いかんが、他の要因を払拭できれば今のままネスターマーティンを選ぶよ。

一番難しいのはもちろん(1)!車の買い替え、教育費、老後…。にんともかんとも、にんにん。(←だれの言葉か知ってる人、同世代あるよ)

ネスター君の焚き方も要改善。

いやーそれにしても、こうやって写真を貼付けてみると改めて実感するが、「ラフに暮らす」と「掃除・整理整頓をしない」は絶対に違う。

これからログハウスに住まうことを考えている皆様、気をつけましょう。おそらく既にログハウスに住んでおられる他の皆様も同意されると思います。特にBESSのカントリーログハウス・ウォームタイプね。

ではでは。
[PR]
by ockhamlife | 2016-01-26 09:26 | ログハウス | Trackback | Comments(2)

今シーズンは雪が少ないが

どーも。

今シーズンは雪が少ないなー。冬らしくないなー。東北らしくないなー。
と、このまま降らないと油断していたらしい。

12/26から積雪。
e0335517_1646666.jpg

e0335517_1719082.jpg

子供は喜ぶわなあ。

01/19。前日からものすごい暴風雨。ヨメ出張中につき、子供2人分の弁当を作る。で、幼稚園と学校に連れていこうと思ったらえらいこっちゃですわ。
e0335517_16462684.jpg

ヨメの車はカーポートにあるにもかかわらず雪が積もっている。

01/21。前日から今度は入れ替わりでオレが出張。帰ってきたら、駅の駐車場に止めたオレの車が雪まみれに。いや〜ん。オレのJ. M. Westonが〜・・・。
e0335517_17471355.jpg


は〜疲れた。薪ストーブは楽しいしログハウスと雪の相性も最高で大好きなのだが、こういうのがなあ。まあ、ゆったり生きていきゃいいんだがな。

ではでは。
[PR]
by ockhamlife | 2016-01-22 18:02 | ログハウス | Trackback | Comments(0)

2年点検

どーも。

なんと12/17をもって入居3年目突入。

それに先立って2年点検をお願いした。

まずは天井の高さを確認。
e0335517_13332850.jpg

e0335517_13332890.jpg

e0335517_13332971.jpg

どうやら北側はログの収縮が若干遅く、15mm高いらしい。

どうすんの?
と思って聞いてみたら、

「まあ、大丈夫です。様子を見ましょう。前に伺ったお宅は50mmでしたからねえ。」

でも、天井、二階の床がちょっと斜めってるってことでしょ?なんかイヤやな。

で、ログ壁に沿って付いてる階段を確認。
e0335517_14361410.jpg

前にちょっと隙間があるから
そろそろ板抜きましょかー。
e0335517_13332947.jpg

って抜いてみたら、モロに浮いてるがな。1段目に乗ったら揺れるがな。

これ、どーなん?あ、写真なくてスンマセン。それどころじゃなかった雰囲気を察してもらえれば。

「大丈夫です。馴染んできますよ。今は木自体に変なクセが付いてるだけで。」

え?マジで?

「もう少し薄い板があれば入れてもいいかもしれませんね。」

…ってその板、出てけえへんのかいっ!

で、外周りを確認。
e0335517_13332972.jpg

やはり北側が5mm上がってる(というか、南側がそんだけ下がってるってことね)。

調整してもらってる間に、オレはいそいそと物置へ行き、余った手頃な厚さの木材をノコギリでガリガリ切り、何事もなかったかのようにさっきの階段の下にスポッと入れておく。
e0335517_14361500.jpg

後ろがまだちょっと浮くぞ。
ん?しかも
e0335517_14361511.jpg


ログ壁側だけめっちゃ浮くぞ?

ログ壁側にだけもう一つ薄いのを入れるか?いや、セトリングを考えると、ログ壁側よりも逆側が浮くんでないかい?うーむ。

「ま、いっか。このままで大丈夫か。」

…もはやオレまでBESS化。

それにしても、こういうのってどうなんかいね?

BESSの家を建てる人ってのは、ある意味他のメーカーには目もくれずに一直線でしょう。だからなのかどうなのか、BESS側はいろんな意味で強気でないかい?さらに言うと、地区販社制度、つまり各地区でフランチャイズ展開。だから、点検に来てくれるのは、正式にはBESS本部ではないわけだ。

でも、結構他の地域でも似たような感じみたい。

どういうこっちゃ?

てなことを、株主アンケートに書いてみた。
e0335517_13333082.jpg

マグカップ希望にしといたったわ。

って、結局BESSが好きなんかーい。

悪いか。しかも建ててからの株主よ。

ははは…。

さて。久々の雪だ。うっすらやけどな。
e0335517_13572730.jpg

俺のてっぺんもうっすらやけどな。

悪いか。

ではでは。
[PR]
by ockhamlife | 2015-12-19 14:36 | ログハウス | Trackback | Comments(0)


「オッカムの剃刀」の理念のもと、シンプルな人生を夢みてログハウスに住み始めたおっちゃんの記録。この剃刀で自らの贅肉をも削ぎ落としたいと願うこと数年。不惑を過ぎたがまだまだ惑うぜコノヤロー。


by ockhamlife

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
日記
家族
ログハウス
薪・薪ストーブ
思索
仕事
グルメ
Apple

その他
未分類

タグ

(28)
(23)
(20)
(14)
(10)
(10)
(9)
(8)
(5)
(5)
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)

最新の記事

藤沢展示場へ(3)
at 2016-09-09 06:55
藤沢展示場へ(2)
at 2016-09-09 06:42
藤沢展示場へ(1)
at 2016-09-09 06:17
雨漏りの処置
at 2016-08-21 13:21
あ・ま・も・り
at 2016-08-17 15:23
横浜&小田原
at 2016-08-11 21:59
オオクワガタのペアリング開始
at 2016-07-03 14:50
デッキ塗装2
at 2016-07-03 12:40
デッキ塗装1
at 2016-06-12 11:08
外構玄関門壁編
at 2016-05-09 12:53

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
more...

最新のコメント

はじめまして。EaseU..
by Tei at 15:56
>ましましさん: こち..
by ockhamlife at 11:56
はじめまして。 カ..
by ましまし。 at 19:16

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

BOB

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
日々の出来事